にんべんきんべんに

@サンディエゴ

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
IN THIS PAGE
RECENT COMMENT
  • アメリカでウォシュレットを取り付ける方法
    jenocky (01/16)
  • アメリカでウォシュレットを取り付ける方法
    Yuzo Takanashi (07/09)
  • 米系航空会社が、運航の効率化を図るため、羽田デトロイト便の運航休止を予定していたのだが、その開始が3日間前倒しで突然開始された上、その空港カウンターでの日本人への応対が悲惨だった話。アメリカでの交渉ごとは難しい。。
    イ (03/25)
  • 米系航空会社が、運航の効率化を図るため、羽田デトロイト便の運航休止を予定していたのだが、その開始が3日間前倒しで突然開始された上、その空港カウンターでの日本人への応対が悲惨だった話。アメリカでの交渉ごとは難しい。。
    Sば (03/25)
  • 米系航空会社が、運航の効率化を図るため、羽田デトロイト便の運航休止を予定していたのだが、その開始が3日間前倒しで突然開始された上、その空港カウンターでの日本人への応対が悲惨だった話。アメリカでの交渉ごとは難しい。。
    イ (03/24)
  • 米系航空会社が、運航の効率化を図るため、羽田デトロイト便の運航休止を予定していたのだが、その開始が3日間前倒しで突然開始された上、その空港カウンターでの日本人への応対が悲惨だった話。アメリカでの交渉ごとは難しい。。
    Sば (03/23)
  • 日本人ディベーターの英語ディベートに正しい英語を求めるべきなんか?
    イ (12/14)
  • 日本人ディベーターの英語ディベートに正しい英語を求めるべきなんか?
    Takenaka@NAFA顧問理事(おっさんOB) (12/14)
  • UCSDのRady MBAなのにEcon Ph.D.の計量経済学Aを取った理由
    イ (12/12)
  • UCSDのRady MBAなのにEcon Ph.D.の計量経済学Aを取った理由
    いっせい (12/11)
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
貨幣の話
書く事無いので、charの貨幣論の話。
これを批判してみます。

charとA-Eの例は、違う。

貨幣の話は…
・もの(金属)
・資格(貨幣という資格)
・ひと(それを好む人)
が必要。

このとき、

前者:金属を、もともとたくさんのが好きで、その結果貨幣という資格が自然と与えられた。

貨幣法制説:金属に、貨幣という資格を施政者が与えて、その結果、たくさんの人が好きになった。

然るに、

前者:charを、もともとたくさんのが好きで、その結果大内賞という資格が自然と与えられた。

後者:charに、大内賞という資格を学部長が与えて、その結果、たくさんの人が好きになった。

それが伝えたかっただけ。

別に、いじめてるわけじゃないので。
| - | 23:47 | comments(2) | trackbacks(1) |
相変わらずですね…病人はおとなしくしててください!(−Q−) わけのわからないまままとめずUPしてすいません。Clearになりました。

あっそっか貨幣って要は資格なんですね。(イさんますますJohn-Lawに似てるw)ってことは、「恋人」って資格があったとしたら、僕の話もイレレバントではなくなるかも?

…だとしてもやっぱり不均衡なんだろうなぁ。流動性を好む人=全ての異性に好かれる可能性を取っておきたい人っていそうですし。
| Char | 2005/09/03 12:50 AM |
ようは、「好きになるよう取り決める」とかは、資格として不適なんよね。

「好きかどうか」と「資格の発生」は、因果関係はあるべきだが、同時にあるべきではない。すなはち、どちらかが十分条件であってはならない。

そうでないと前後関係を論じられないから。

だから、「恋人」ならありっしょ。
ただし、「恋人」と「好き」のどちらももう一方の十分条件ではない。

好きだから恋人になるか、
恋人として付き合ってみたら、意外と好きになった。

ただし、恋人として付き合うってのは
「強制性」あるいは「外部性」が論じにくい。

だから俺は大内賞にしたという。


…はい、おとなしくします。
| イ | 2005/09/03 1:06 AM |









http://fumin.jugem.cc/trackback/545
貨幣をめぐる言説
経済学史のテスト準備をしていて、ふと。 貨幣の価値については、二通りの考え方があるそうで。 貨幣商品説:たくさんの人に欲しがられていたある商品が貨幣になった。 貨幣法制説:流通するように取り決められたものが、貨幣としてたくさんの人に欲しがられている。 ま
| 愚の論理 | 2005/09/04 12:36 AM |
このページの先頭へ