にんべんきんべんに

@サンディエゴ

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
IN THIS PAGE
RECENT COMMENT
  • アメリカでウォシュレットを取り付ける方法
    jenocky (01/16)
  • アメリカでウォシュレットを取り付ける方法
    Yuzo Takanashi (07/09)
  • 米系航空会社が、運航の効率化を図るため、羽田デトロイト便の運航休止を予定していたのだが、その開始が3日間前倒しで突然開始された上、その空港カウンターでの日本人への応対が悲惨だった話。アメリカでの交渉ごとは難しい。。
    イ (03/25)
  • 米系航空会社が、運航の効率化を図るため、羽田デトロイト便の運航休止を予定していたのだが、その開始が3日間前倒しで突然開始された上、その空港カウンターでの日本人への応対が悲惨だった話。アメリカでの交渉ごとは難しい。。
    Sば (03/25)
  • 米系航空会社が、運航の効率化を図るため、羽田デトロイト便の運航休止を予定していたのだが、その開始が3日間前倒しで突然開始された上、その空港カウンターでの日本人への応対が悲惨だった話。アメリカでの交渉ごとは難しい。。
    イ (03/24)
  • 米系航空会社が、運航の効率化を図るため、羽田デトロイト便の運航休止を予定していたのだが、その開始が3日間前倒しで突然開始された上、その空港カウンターでの日本人への応対が悲惨だった話。アメリカでの交渉ごとは難しい。。
    Sば (03/23)
  • 日本人ディベーターの英語ディベートに正しい英語を求めるべきなんか?
    イ (12/14)
  • 日本人ディベーターの英語ディベートに正しい英語を求めるべきなんか?
    Takenaka@NAFA顧問理事(おっさんOB) (12/14)
  • UCSDのRady MBAなのにEcon Ph.D.の計量経済学Aを取った理由
    イ (12/12)
  • UCSDのRady MBAなのにEcon Ph.D.の計量経済学Aを取った理由
    いっせい (12/11)
RECENT TRACKBACK
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
リトルフィールドという生産管理シュミレーションの全国大会
自慢をしたくなったので久しぶりの更新。

MBAの科目としてオペレーションという、日本語で言うところの生産管理の
科目があります。もし、「ザ・ゴール」を読んだことがあれば、それです。
なければ、まあ、トヨタ生産方式とかの話ってことで、どうでしょう。

実際、MBAの後に工場に勤める人というのは、多くは無いと思うのだけれど、
この科目の話は様々なビジネス分野に応用が効くというのもあって、
学期が終わってみれば、大事な科目だなーということを切に感じるのです。

空港での話題で言えば、
・手荷物検査場の行列
・サウスウエスト航空の経営効率
・オーバーブッキングの最適な数
などといった話が出てきます。

さて、それくらい、いかにoperationという科目が大事かというのを
述べた上で、この分野を学ぶ上で有名なシュミレーションゲームの
話をします。その名もlittlefield Technologies。

多くのMBAで、このシュミレーションをチーム対抗戦でやらせることで、
この分野への理解を実感させるということをやっている(らしい)。

特にうちのMBAでは、ゲームとなると燃える人が多いので、
それはそれは熾烈な争いが一週間が2回戦続いたのでした(期間は一週間)

そこで、一回目はうちのチームは二位。
この回は、勝手に自滅していくチームも多かったので、それ程難しくは
無かった。

例えば、このゲームではキャッシュの途中経過それ自体には殆ど意味が
なくて、それを気にしているチームは、中途半端な結果に終わっていた
ようで。重要なのは、キャッシュが減ったのが、資産なのか損失なのかを
見極めること。そして、そのビジネスがどれくらいキャッシュ"フロー"を
生み出しているか。会計の授業であれほど原則論を教わったはずなのに、
次の学期になると人はそれを忘れてしまうんよね。

でも、その辺の失敗は一回で反省できるのが、さすがに理系マインドの
集まったビジネススクールであり、二回目にもなると瞬間のランキングに
こだわることをちゃんとみんな捨てたようで、かなり熾烈な争いになった。
これはかなり面白く、俺も本気になって分析。結果、一位にはなったけど、
それ以上に達成感の方が大きくて、その夜、二位のチームのブレインと
飲みに行ったのが、たぶんアメリカに来て一番おいしかったお酒じゃないか

一位になったご褒美で、クラスで自分達のストラテジーをプレゼンする
機会があり、それに興味を持ってくれた人が複数いたので、全国大会出よう
という話になっていったのでした。実はそこで、六人が最終的に意思表示を
してくれたので、俺はそのうちの誰と組むかで一悶着あったのですが、
まあそれはまた別の話。

で、ようやく時系列は先週に戻ってきて、結局、全国大会に出場するのは、
うちのクラスからは、アメリカ人・ブルガリア人・日本人の三人チームで
出場することになった。ま、オンラインでやるので、MIT主催とはいえ
東海岸に行く必要は全く無く、そこまで全国大会の雰囲気は出ないのですが。

当然、全国大会なので、クラスでやったシナリオとは全く異なり、
コントロールできる変数も多く、最初は何から手をつけていいものか状態。
それでも試行錯誤しながらやっていくと、あれよあれよとパフォーマンスが
上がり、他のチームがキャッシュを全然伸ばせない中、どんどんキャッシュが
増えていくのです。

これはもしかして、一位???、なんて色めき立ったのもつかの間、
よくよく順位変動を分析すると、俺ら実質2位(表面上は50位くらい)
では実質1位はどこか・・・そこに輝くRady Schoolの文字。
そこにいたのは、うちの学校の二年生のチームだったのです。

これじゃ入賞しても、あっちばっかり目だってしまう!と、必死に色々と
やったのですが、(色々とやったのもよくなく)途中で力尽き、
俺達は3位に終わってしまったのでした。
そして二年生はお見事そのまま1位でした。お見事。

すると・・・このスクールは優しいね。一位を取ったよおめでとう!の後に
ちゃんと、加えて三位も取りました。と書いてくれる。色んな場面でそうで、
なんだか、このスクールの優しさを賞品にもらったということで。

結果的にうちのスクールは、この大会ではやたらとプレゼンスが
高いわけですが、その背景にはオーガスト先生というオペレーションの
助教授の授業が彼のパーソナリティも含め、面白いというのがまずはある。
それと一学年60人程度しかいないMBAなので、シュミレーションの
最中も他チームの顔が見えてるからね、盛り上がるのです。
1人の先生の影響がここまで大きいのも、小さいMBAだからで、
学年のベストチームをすぐに構成できるのも、小さいMBAだからで、
やっぱ小さく絞る戦略(知名度はまだまだなので、合格率はそれでも
1/3くらい)がワークしてるなと。

もちろん、他のチームとの協力はしてないですよ。
ある程度自分達の競争力があることが分かったら、
他校よりも自分達の学校の方がライバルですから。
他にも2チーム参加していたようですが、彼らはFlexの生徒らしく、
詳しくは誰なのかも分かりません。

さて、日本では、英語ディベートで、二回の全国三位を取りましたが、
アメリカでは、二回目の全国三位は避けたいものですな。
目指せ来年こそ優勝。

念のため補足しておくと、全国大会といっても、全てのMBAが出場して
いるわけではなくて、トップ10くらいに上がる大学で言うと、
ハーバードや、ウォートン、コロンビアは名前を見なかったですね。

まあその辺も英語アカデミックディベートと似とるよね。
東工大や、ICUは、アカデミックには出て来ないからね。
| - | 15:21 | comments(7) | trackbacks(0) |
おひさしぶりです
しばらく更新なかったから心配してました。
元気そうでなにより。

なんか面白そうなことやってるね。全然そっちの世界はからっきしなんですが面白さは伝わってきました。興味はすごいあるのだけれど。
是非次回は優勝を。でも3位おめでとう!

そっちの夏の休みってどんくらいあるんだっけ?
| みゃも | 2010/04/19 12:37 AM |
さすが。イさんの真骨頂ですね。
プレゼンもさぞかし面白かったことと推察します。
| S | 2010/04/20 2:27 AM |
どうもどうも。元気です俊平。

夏休みは6月中旬から9月中旬で、そこで同級生は就職活動をするんだけど、俺はしないので…困りもんですな。

アメリカをふらついたり、ちょい帰省したりするかと思います。


真骨頂、確かにねー。

ちょっとした勝負事で、しっかりと枠組みを理解した上で、いざゲームが始まると戦略的に勝負をかける。こういうの好きやね。

改めて書いてみて、大学生のときからあんまし中身変わってないなーとも思ったりしてw
| イ | 2010/04/20 1:26 PM |
しっかりと枠組みを理解した上で、ってのがポイントですね。ルールを完全に理解しないでゲームをするのは結構ツライです。
| S | 2010/04/22 1:30 PM |
うん。そして現実なんてルールはよく分かんない中のゲームばっかなんでしょう。お仕事大変ですな(学生的発言!)
| イ | 2010/04/22 4:32 PM |
そうそう。ルールを知るってのは大事なことですな。世の中には、ある種のルールの専門家と称してルールそれ自体を教えたりルールを踏まえたアドバイスをしたりすることを商売にしてる人もいるわけでして…。
| Sば | 2010/04/24 8:02 AM |
なるほど。確かに大事な仕事だ。
| イ | 2010/04/24 3:30 PM |









http://fumin.jugem.cc/trackback/965
このページの先頭へ